コスパ最高!大田原トコトコが楽しすぎた

大田原トコトコ 宇都宮市外
大田原トコトコ
この記事は約7分で読めます。

長期休みで子どもと一緒のみなさん、お元気ですか?大丈夫ですか?

かわいいわが子といえど、ずっと一緒だと疲れちゃいますよね。休みが続くと子供もストレスがたまってくるのか部屋の中は荒れ放題になるし、思い切り遊べるところに連れていってあげたいけど、有料施設も気が進まない。明日はどこに連れていけばいいのか…。と憂鬱になっていたところ、ママ友に「大田原のトコトコって行ったことある?」とありがたい遊びのお誘いが。

行ったことない!行きます!と二つ返事で行ってみた大田原トコトコ、子どもたちが全力で遊べるコスパ最強おすすめスポットだったのでご紹介します。

大田原トコトコって?

改めて調べると、大田原トコトコというのはビルの名前でした。場所はこちら。

宇都宮からだと下道で1時間半~2時間程度で着きます。

トコトコ大田原という大田原市営のビルの中に、子育て支援施設やサービスが集合しています。図書館や一時預かり施設もあります。

子供を遊ばせることができるのは、その中の屋内遊び場、わくわくらんどキッズタウンです。

休館日

わくわくらんど・キッズタウンの休館日は以下です。

毎月第1月曜日(祝日の場合その翌日)
12月31日
1月1日
第一月曜はお休みなので注意!
1月2日からもう営業しているのはありがたいですね。

入場料

区分 個人料金(1人) 団体料金(15人以上)
0歳 0円 0円
1歳~小学生 200円 100円
保護者 0円 0円

有料の室内遊戯施設で1日200円というだけでも破格なのですが、保護者は入場料が無料!付き添いが必要なのに保護者有料としている施設が多い中、なんという太っ腹。

入り口の券売機で、市内在住・市外在住かを選んで料金を支払います。市外在住者でも料金は変わりません。アンケートがわりなんでしょうか。

係員さんに入場券を渡すと、子供の手の甲にスタンプを押してくれます。このスタンプがあれば施設内の出入りは自由です。

また、年間パス(2,000円)もありました。10回分なので月に2回以上来るならお得ですね。もし近くに住んでたら絶対買ってた。

年齢制限はある?

わくわくらんどとキッズタウンで遊べるのは0歳~小学生以下のお子さんのみです。中学生以上はダメということですね。

また、就学前の乳幼児が施設を利用する場合は保護者の同伴が必要です。ということは、小学生は親の付き添いなしでOK…?ちょっと不安ですが、高学年ならありかもしれません。

駐車場は?

トコトコ大田原の周りに平面駐車場、道路を挟んだ隣に立体駐車場があります。

平面駐車場は無料、立体駐車場は終日200円かかります。

平面駐車場はほとんど空いていませんが、立体駐車場はいつも空いています。大田原市としては、平面駐車場は1階売店利用者用としているようで、遊び場利用の場合は立体駐車場に停めてほしいようです…。でも平面に停めてもバレません。

立体駐車場の料金は、1階売店で2,000円以上お買い物をすれば無料になります。

持ち込みOK?

持ち込みはOKです!

ただし食事可のスペースは3階ふれあい広場のみです。

3階ふれあい広場に行くには、一旦わくわくらんどを出る必要があります。わくわくらんどは当日中は何度でも出入りが可能なので、途中で抜けてふれあい広場でお昼を食べさせ、また遊び場に戻ることも可能です。

内部レポート

いざ入場!内部はこんな風になっていました。

わくわくらんど

まずは2階わくわくらんどの様子から。

巨大滑り台

巨大滑り台

「こんなのがあるんだって、どう?」と子供に写真を見せたところ「行きたーい!」とちょう乗り気になった巨大滑り台です。私も楽しみにしていました。

実物はかなり急で、スタート地点まで来たものの怖くて滑れない子も…。こちらは大人も一緒に滑れるので、もしそうなっても救出が可能です。

ボールプール

みんな大好きボールプール

ボールプールもあります。こちらは年齢制限なしのもの。ボールを投げ入れる穴があるのが楽しそうです。

未就園児用ボールプール

未就園児用ボールプール

こちらは0~3歳児用スペースのボールプール。

わくわくらんど内には、このように0~3歳児用のスペースがあり、赤ちゃんも安心して遊ばせることができます。

トランポリン

巨大トランポリン

ドラえもんのおなかのような巨大トランポリン。こちらも子供に大人気です。楽しそうでいいな~。

キッズタウン

続いて3階キッズタウンを覗いてみました。キッズタウンへはわくわくらんど内の階段で向かいます。

キッズタウン

かわいいお店が並んでいます

キッズタウンにはその名の通り、たくさんのお店屋さんが!こころゆくまでおままごとを楽しむことができます。

おままごとグッズ

おままごとグッズ入れ

お店の中が空っぽだな、と思ったら、小物類はこちらにまとめてありました。

ママとおままごとをしている子など、キッズタウンは2階に比べてのんびりとした雰囲気でした。我が子はここでお友達同士でシンデレラごっこ(?)をしていました。

水分補給は休憩エリアのみ可能です。
休憩エリアはわくわくらんどに入ってすぐ左側、ベンチやロッカー、自販機が置いてあるスペースです。それ以外の場所で飲み物を飲ませるとすぐに係員さんに注意されてしまいます!

その他、施設内の様子

遊び場以外の施設についてレポートしていきます!

トイレ

トイレは施設内わくわくらんど内に1カ所キッズタウンに1カ所ありました。便器は全て洋式でしたので、小さい子も安心ですね。

キッズタウンのトイレ

キッズタウンのトイレ

また、わくわくらんど入場前、立体駐車場から建物に入ってすぐのところにもトイレがあります。こちらは大人用だけでなく子供用トイレもありました。子ども用トイレには幼稚園サイズの洋式トイレが2つ、おまるタイプのトイレが2つありました。

おむつ替え台も各所にありますし、キレイで安心して使えました。

つどいの広場

つどいの広場トコトコ

つどいの広場トコトコの様子

つどいの広場は、3階にある赤ちゃんとママの交流のためのお部屋です。

ハイハイやつかまり立ちの赤ちゃんを、走り回る小学生と同じ場所で遊ばせるのはちょっと怖いですよね。そんな方にもこちらがおすすめ。

低年齢向けのおもちゃが多くあり、児童館のような雰囲気でした。ゆったりと赤ちゃんを遊ばせることができそうです。

子どもたちの様子

我が子はお友達と一緒にわくわくランドに入った瞬間どこかに消え去りました。ほどなくして巨大滑り台からキャー!と楽しそうな歓声が。何度も何度も登っては滑っていました。しばらくしてから捕まえて水分補給をさせようとしたらもう汗だくに…。

わくわくらんどの中には施設内が見渡せるベンチがたくさんあるので、親たちは座ったまま子供の様子を見ることができます。出入口は1か所しかないので、間違って外に出てしまう危険も低そうでいいですね。

身体を思い切り使うアスレチックやボールプールだけでなく、マグネットのパズルやおままごとグッズもあるので、どんな性格のお子さんでも楽しく過ごせそうでした!

係員さんの様子

施設内には係員さんがたくさんいらっしゃいました。弾丸のように走り回る子を止めてくれたり、滑り台を逆走しようとする子を止めてくれたりとしっかり注意してくれるものの、厳しい感じではありません。目が行き届いていて好感が持てました。

みなさん子供に優しく、子供達が係員さんに話しかけて構ってもらっていた場面も。

掃除機でちょこちょこ掃除している方もいらっしゃいました。

1階売店

お昼ご飯を調達しに1階の売店にも行ってみました。

パンやおこわ、から揚げなどのお惣菜などが並んでいて、スーパーというよりは道の駅のお惣菜コーナーという感じでした。この日は有名パティスリーのプリンも並んでいて、たいへん心を惹かれたのですが食べ切れないし持ち帰れないので諦めました。次は買おう…。

買ったものは3階のふれあい広場で食べました。ふれあい広場にはテーブルと椅子、自販機がありました。電子レンジは1階にしかなかったので、暖かいごはんを食べたい人は1階で温めてくるのがおすすめです。

ふれあい広場からはわくわくらんどが一望できるので、早く遊びに戻りたい子供たちは食事どころではなく、食べさせるのに苦労しました。

まとめ

ママ友に誘われて行ってみた大田原トコトコ、すっかり親子でハマってしまいました。汗だくになるほど全力で遊んで、子どもの機嫌もよくなり親としても一安心です。ぜひ一度訪れてみてください!

タイトルとURLをコピーしました