6歳、シダキュアやってます

シダキュア 病気・薬
シダキュア
この記事は約8分で読めます。

子供の杉花粉症、大変ですよね。

保育園時代にも花粉防止のゴーグルを付けた子や、薬が欠かせないというお友だちがたくさんいました。

みんなこんなちっちゃいうちから…

アレルギー体質の我が子もスギ花粉への反応がひどく、とうとう杉がクラス6、ヒノキはクラス4になってしまいました。

そこで、主治医のすすめもあり、6歳の春からシダキュア治療を始めることになりました。

この記事では、

  • シダキュアの治療って具体的にどんなことをするの?
  • うちの子にもできる?
  • 効果はどのくらい?
  • 処方の流れは?

そんな疑問にお答えします。

シダキュアとは

シダキュア5000JAU

シダキュア

シダキュアとは、鳥居薬品が出しているスギ花粉症治療薬です。

主成分はスギ花粉。アレルゲンを毎日少しずつ摂取して抗体をつける治療法に使います。

昔の人がいう「アレルギーはちょっとずつ食べていけば治る」だ…

シダキュアには、2000JAUと5000JAUのふたつの種類があります。違いはスギ花粉成分の含有量です。

最初の1週間は2000JAU、その後は5000JAUを服用します。

服用方法

1日1回、1錠を服用します。服用方法は、以下です。

  • 錠剤を舌下に入れて1分溜めておいてから飲み込む
  • 飲み込んだあとは5分間飲食禁止

このふたつを守らないといけません。

費用は?

シダキュアは保険適応のお薬なので、こども医療費受給資格者証をお持ちのお子さんは無料です!

大人は3割負担となり、診察代+薬代で1ヶ月2,000円~3,000円ほどが目安のようです。

何歳から何歳まで?

年齢制限はありません。赤ちゃんから大人まで服用することができます。

従来薬シダトレンは12歳からでしたが、シダキュアは年齢制限がなくなりました。

錠剤になったおかげみたいです!

年齢制限はありませんが、舌下に1分溜めてから飲み込む必要があるので、5歳以上が推奨とされています。

治療期間は?始めるならいつ?

治療期間は2~3年です。その間ずっと毎日1錠ずつ服用します。

2年飲めば効果が出るようですが、メーカー推奨は3年間。また、服用後、効果のある期間は5~8年だそうです。

一生効果があるわけじゃないのかぁ…

シダキュアによる治療を始めるのは、スギ花粉シーズンが終わる5月が一般的です。

スギ花粉シーズン後なるべくすぐに始めることで、次のスギ花粉シーズンまでにできるだけ多くシダキュアを飲んで、抗体をつける効果を狙っています。

スギ花粉アレルゲンをわざと摂取するわけだから、お外のスギ花粉が少ない時期の方が安心だよね

我が家がシダキュア治療を始めたわけ

結論から言うと、どうせ毎日薬を飲むからです。

3年間毎日薬を飲ませるの大変!!

と、最初は思いました。

でも、現状、スギ花粉の時期は毎日抗ヒスタミン剤を飲んでるんですよね。

しかも今では、効き目・眠気ともに最強レベルのアレロックでないと対処できません。

毎日飲む薬が、症状をおさえるためだけのものから、症状を改善するためのものに変わるだけ。

それなら症状を改善する薬の方が将来的にもいいかな、と思ったためです。

我が家の服用の仕方

我が家では朝の歯磨き後に服用させています。

服用後5分間は飲食禁止なので、その間は着替えや学校の用意などしてもらって、うっかりお水を飲まないようにしています。

一度、うっかり服用を忘れてしまい夕方に飲ませたことがありました。その後主治医に相談したところ、

9割できていれば大丈夫!

とのことでした。

9割というのは気休めだと思いますが…

1回でも忘れちゃったらもうダメ!というわけではないようです。ちょっと安心。

6歳でもちゃんと服用できる?

これは見て確認できないので、我が子の言うことを信じるしかないのですが…。

一応ちゃんとできているようです。

本人へインタビューしてみました。

シダキュア中身

シダキュア開けたところ

シダキュアを飲んだ感じってどう?

 

すぐ口の中で溶けてトロッとする感じ。
粉っぽかったりはしない。味はするけど苦くも甘くもない。
飲み込むのはぜんぜん大変じゃないよ!

 

とのことでした。

うちの子はまだ錠剤が飲めないのですが、シダキュアは舌の下で溶かして飲むので、特に問題ないようです。

危険じゃないの?

アレルゲンを毎日家で服用させて、もしアナフィラキシーになったりしたらどうしよう?と思うと心配ですよね。

その点は大丈夫です!

シダキュアは、最初の1回は必ず診察室内で飲みます。

そのまま30分程病院の中で待たされ、副作用などがないか確認してから残りを処方されます。

アナフィラキシーショックのような強いアレルギー反応は服用後すぐ出るものがほとんどですので、この時点で何も起きなければほぼ大丈夫といえます。

また、このとき抗ヒスタミン剤も同時に服用します。我が子はクラス6でしたが症状はなにも出ませんでした。

余談ですが、2000JAUから5000JAUに変わって2日ほどして、我が子に「くしゃみと鼻水が止まらない!」という日がありました。

はなみずがとまらなくてこまってるの…

こ、これはまさに花粉症の症状…。

症状がないからと抗ヒスタミン剤をサボっていたせいでした…。すぐにアレロックを飲ませると落ち着きました。

それ以来、ずっと1日1回のシダキュア+1日2回のアレロックを飲ませています。

抗ヒスタミン剤の服用は、症状が落ち着いてきたらだんだん少なくしていくそうです。

シダキュア服用の注意点

もっとも注意が必要だなと思ったのは、うっかり薬が足りなくなったときです。

我が家ではは3ヶ月分をまとめて処方してもらっています。

数え間違えたのかうっかりなくしてしまったのかわかりませんが、ちょうど1週間分のシダキュアが足りなくなってしまったことがありました。

えっ!明日の分しかない!どうして!?

急いで病院に電話をして薬をもらおうとしたら、シダキュアは処方できる医師が限られているとのこと!

処方できる医師がいるか確認・折り返し連絡してもらうことになってしまいました。

結局、その日はたまたまシダキュアを処方できるお医者さんがいたのでなんとかなったのですが、もし処方してもらえなかったらこれまでの数ヶ月が水の泡になるところでした。

シダキュアは残薬数をしっかり管理しましょう!

シダキュア治療、結果は?

シダキュアを飲みはじめる前はクラス6(100以上)だった数値が、半年でクラス5(64)まで下がりました。

我が子には効果がありそうです!

この調子で、スギ花粉に負けない大人に育ってほしいです!

アレルギーは数値と症状は比例しません。また、効果が出ない人もいます。

シダキュア治療をしたいと思ったら?

うちもシダキュア治療を始めさせたい!と思ったら、どうすればいいのでしょうか?

大まかな流れをまとめました。

  1. 処方できる病院を探す
  2. 血液検査をする
  3. 初回投与をする
  4. 患者携帯カードをもらう

①処方できる病院を探す

前述した通り、シダキュアを処方できる医師は限られています。

シダキュアはアレルゲンを含む薬なので、アナフィラキシー等、服用が命にかかわるおそれがあります。そのため、十分に対応できる医療機関と医師の監視のもとで処方する必要があります。

シダキュアを処方できる病院は、例えばこちらで調べることができます。

花粉症,アレルギーに減感作療法(舌下免疫療法など)を実施している病院 | 病院なび
全国の花粉症,アレルギーに減感作療法(舌下免疫療法など)を実施している病院一覧です。病院なび(病院ナビ)では「女医」「遅くまで診療可能」「ネット予約/電話予約」などの条件で全国の医療機関の情報や評判を検索できます。

②血液検査をする

シダキュアは治療開始前の血液検査で、抗体がクラス2以上であることが保険適用の条件です。

ですから、初回は血液検査が必要になる方がほとんどだと思われます。

血液検査の結果は早くて1週間後なので、処方してもらえるのは次回来院時となります。

③初回投与をする

シダキュア治療が決定したら初回投与をします。

医師による診察の後、初回のシダキュア2000JAUを診療室内で飲みます。

その後約30分間、副作用が出ないか観察します。

④患者携帯カードをもらう

重篤な副作用が出なければ処方となります。薬を処方されると同時に、患者携帯カードがもらえます。

患者携帯カードとは、シダキュアを服用中であることを示すカードです。

病院にかかったときにシダキュアを服用中であることを申告する必要があります。

カードは、事故などで意識を失ってしまったときに必要になるものなので、常に携帯するようにしましょう。

服用者が児童・学生の場合は学校にも通知しておいた方がおすすめです。

学校から直接病院に行くような事態が起きたときのためですね

まとめ

我が子が6歳の5月から9ヶ月間シダキュアを飲んでいたので、体験談をまとめてみました。

シダキュアは舌下のスギ花粉症治療薬で、毎日3年間飲んで効果は5~8年と言われています。

5歳以上が推奨とされていて、6歳の我が子は問題なく服用することができるているようです。半年の服用でスギ花粉のIgE値はクラス6からクラス5に下がりました。

クラス2以上であれば保険適応内で処方してもらうことができます。

我が家はシダキュアを始めて良かったと思っています。お子さんのスギ花粉症にお困りの方はぜひ検討してみては?

タイトルとURLをコピーしました